So-net無料ブログ作成
検索選択

4ホテルがブイヤベースで競演!“千産千消”推進(産経新聞)

 千葉の農水産物を県内で消費する「千産千消」を推進しようと、ご当地グルメ「白子流ブイヤベース」をモチーフにしたオリジナルブイヤベースを県内のホテルで提供する『海と大地に恵み ちばグルメフェア〜ブイヤベース〜』が30日まで開催されている。

 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(浦安市舞浜)▽ホテルニューオータニ幕張(千葉市美浜区)▽京成ホテルミラマーレ(千葉市中央区)▽オークラアカデミアパークホテル(木更津市かずさ鎌足)の4ホテルで同時に実施。県と白子町商工会が後援している。

 「白子流ブイヤベース」は、平成20年に白子町の観光活性化のために開発されたご当地グルメ。白子町名産のトマトやタマネギ、房総の海の恵みである青魚のつみれを使って、仏料理の海鮮スープ、ブイヤベースをアレンジ。町内の飲食店や宿泊施設では、和風、洋風、中華風など、さまざまな「白子流」が楽しめる。

 今回のフェアでも各ホテルが腕を競い、さまざまな「白子流」を作り上げた。香り高くスタンダードに仕上げた「シェラトン風」、スパイシーなスープでレッドカレー風に仕上げたニューオータニの「恋する!?ブイヤベース」。食事の“締め”に、きしめんとチーズリゾット風にして食べるのは「ミラマーレ風」。オークラの和風ブイヤベース風鍋「房総の海鮮恵みの鍋」は、特製みそをかくし味に使っている。

 4ホテルそれぞれの味を試食した森田健作知事は、「どれもシェフが何を伝えたいかがわかる料理。ぜひ自分の舌で確かめて、多くの人に千葉の食の素晴らしさを伝えてほしい」と絶賛した。

 今回のフェアで、数ある千葉ご当地グルメの中から「白子流ブイヤベース」が

選ばれた理由について、担当者は「房総の海と山の幸がバランス良く楽しめ、各ホテルが一家言を持つブイヤベースをモチーフにしているというところが魅力」と話している。

【関連記事】
「シーフード・ジャンバラヤ」お米を使った南部料理の決定版
イタリアンシェフもこっそり買いに来る「生パスタ」
トマトラーメン 健康志向追い風の赤い新定番!?
神戸のグルメ店いくつ星 ミシュランガイド、秋に新刊
高品質、低価格で需要増 スペインの発泡ワイン「カヴァ」

41分で報酬121万円…仙台の非常勤行政委員(読売新聞)
荻野さんに卒業認定書=学部長ら両親に手渡す−千葉大生殺害事件・兵庫
亀井氏の辞任、閣議決定(読売新聞)
<労働トラブル>全国32カ所で電話相談 5日を中心に(毎日新聞)
菅首相誕生へ 「党の顔ふさわしい」近畿の民主歓迎 自民冷ややか(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。